『a(an)』は「1つの」以外の使い方がある|英検ライティングで使用する『a(an)』の使い方5選

英検writing書き方

英検ライティングで使用する『a(an)』の使い方5選

andで結ばれる場合、冠詞の有無で意味が変わる

  • I met an actor and a singer.

「私は俳優と歌手に会った。」(別々の人物)

  • I met an actor and singer. 

「私は俳優であり歌手である人に会った。」 (1人の人物)

2つで1つのセットと認識されるものは、最初の1つのみに冠詞を置きます。

  • a knife and fork (ナイフとフォーク)
  • a suit and tie (スーツとネクタイ)

初めて出てくる名詞に付ける

a(an)は話の中で初めて出てくる名詞にも付けます

  • I bought a new bag yesterday.

「私は昨日新しいカバンを買った。」

a new bagは特定のカバンですが、単に「カバンを買った」という事実を伝えています。

初めて登場する名詞は新しい情報のため、a(an)を付けますが、2回目以降は認識されているため、theを付けます。

「~につき」を表す

 a(an)は「~につき」という意味も表します。「(1つの)単位ごとに」というニュアンスであり、per(~につき)と同じ意味で用いられますが、perは主にかしこまった場合に用いられます。

  • once a month (月に1回)
  • three times a day (1日に3回)
  • 80 kilometers an hour (時速80キロメートル)

ある不特定の数量・程度などを表す

  • for a while (しばらくの間)  
  • to a degree (ある程度)

「同じ(the same)」の意味を表す

  • Birds of a feather flock together. (類は友を呼ぶ。)

まとめ

  • 等位接続詞で結ばれる場合、冠詞の有無で意味が変わる
    • 2つで1つのセットと認識されるものは、冠詞は最初の1つのみ
  • 初めて出てくる語に付く
  • 「~につき」を表す
  • ある不特定の数量・程度などを表す
  • 「同じ(the same)」の意味を表す

元ネタは>>>>>>>>こちら

関連記事『冠詞「an」は母音から始まる単語につける訳ではない!? | [a]と[an]の違い

タイトルとURLをコピーしました