『get up』と『wake up』のニュアンスと使い方の違い

英文法

 ”get up”と”wake up”はどちらも日本語に直したら「起きる」の意味になりますので、違いがわかりにくいですよね。

今回はそんな『get up』と『wake up』の違いについて説明いたします。

『get up』と『wake up』の意味と使い方の違い

『get up』は体を起き上がらせるまで

 『get up』は寝ている体が起き上がるまでの動作を指します。

そのため、『get up』を使用したら、上体を起こすことを意味します。

『wake up』は目が覚めるまで

 『wake up』は寝ている状態から目を覚ますまでの動作を指します。

そのため、『wake up』を使用したら、『get up』のように上体が起き上がっているわけではなく、単に眠っている状態から意識が戻ることを意味します。

『get up』の使い方

 主に朝ベッドなどから「起きる」と言いたい時などに使います。

「朝起きる」という意味には、「起きてベッドから出る」ところまでを指すため、「get up」を用います。

机で寝ている状態から立ち上がる場合も「get up」を使用します。

『wake up』の使い方

 主に「目が覚めた」という含みを込めて「起きる」と言いたい時に使います。

授業中机などで寝ている状態から「起きる」と言いたい時も「wake up」を使用します。

 机で寝ている時は、上体を伏せている状態なので、そこから体を起こしたら「get up」ではないかと思われがちです。

しかし、椅子に座っている時点で上体は起きているという解釈なのか、座ったまま目が覚め上体を起こしたとしても「wake up」を用います。

関連記事『“wish”と”hope”「願う」の使い方と意味の違い?

単語のニュアンスを覚える単語帳の選び方は>>>>>>>>こちら

タイトルとURLをコピーしました