働き方

スクール経営

「学校の教員」と「個人スクールの経営者」とのスケジュールの『違い』

現在教師として学校で働いているが、いずれは独立し、自分のスクールを持ちたいと考えている方は多いのではないかと思います。 その中には、「時間を自由に使いたい」「ブラック企業体制の教員の働き方から自由になりたい」と考えている人も多いでしょう。 それでは、教員と独立した塾経営者とではどのように1日のスケジュールが異なるのでしょう? そこで今回は、学校教員として10年努め、独立してスクールを立ち上げた筆者が、教員をしていたころと現在の働き方の違いについて書いていきたいと思います。 「学校の教員」と「個人スクールの経営者」とのスケジュールの『違い』 教員だった頃の日々のスケジュール 運動(青)  毎朝30分の運動は欠かしませんでした。 睡眠(水色)  毎日必ず最低でも7時間は取るようにしていました。6時に起きていたので、逆算すると23時には就寝していました。 食事・準備(黄緑)   食事は大体30分程度です。朝と夜だけは準備も含んでいるので、昼食より長めになっています。 自主学習(赤)  自分の英語力を高めるための自己研鑽の時間は、朝に1時間、仕事が終わった後に2時間の計3時間は確保していました...