学生

スクール経営

将来「スクール(学習塾)の経営」をしたい人が学校の教員になるメリット

「いつか自分のスクールをオープンし、自分がこれまでに学んだ知識で誰かの役に立ちたい」 と考えている学生もいると思います。筆者も現在経営しているスクールを立ち上げることは、学生からの夢でした。  しかし、ついこの間まで学生だった者がスクールをオープンしたとして、実力も実績もないのにお客様は来てくれるでしょうか?  自分のスクールをオープンし経営していくためにはまず①教える知識、②自分の実力、③実績、④経営知識などが必要になります。 「それは大学でも学ぶことができます」と言う人がいるかもしれません。 しかし、所詮学校での学びはあくまで理論であり、実際にそれが活かせない場面はどんな業界にもあります。  起業してしまえば助言してくれる人はいませんし、失敗すればその後の経営が悪化することさえあります。リスクを減らし、上手な経営をしていく上でも、まずは社員として下積みを積んでおくと良いでしょう。  もしあなたがスクールのジャンルの中でも「学習塾」を経営したいのであれば、学校の教員を修行の場として選ぶことをお勧めします。 スクール(塾)経営の前に学校教員を経験する 教員を数年経験するメリット  筆者...